プロミスの8つのメリット

初回30日無利息サービスがあり利息をギュッと圧縮

初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)により一番利息の大きい最初の30日分の利息がなしになる。

 

 

短期で返済するほどこの効果は大きくなります。


最初の金利(低額借入枠)が他の18.0%よりも0.2%低い17.8%

どのカードローンでも初めから大きな借入枠を貰えるのは年収の高い人だけ。初めての方や年収の低い方は50万円以下の借入枠で最高金利が適用されます。その最高金利が他に比べて0.2%低いのがプロミスです。
(モビット・アコムの最低金利が低いのは借入最高額が800万円に上がったからです。800万円の借入枠が出た場合のみ3.0%になります。)

- プロミス アコム モビット アイフル
実質年率 年4.5%〜17.8% 年3.0%〜18.0% 年3.0%〜18.0% 年4.5%〜18.0%
最高借入可能額 500万円 800万円 800万円 500万円

即日融資が可能で多彩

平日14:00までに契約が完了すれば手持ちの口座に即日振込が可能。

 

 

この時間は銀行営業時間から考えるとかなり長い。


更には

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの口座なら24時間365日最短10秒で振込可能な瞬フリサービスもあります。

(※瞬フリサービスの詳細はHPにて)
またこの時間を過ぎてしまったり、金融機関が休みの日には自動契約機があるので契約完了後に即日カード発行が可能。自動契約機のないカードローンは振り込みできない時点で即日融資が不可になってしまいます。この自動契約機の数もプロミスでは、

  • プロミスの自動契約機
  • 三井住友銀行ACM

両方利用できるので業界での設置台数は断トツナンバーワンです。

在籍確認の電話を別の方法で代替の相談が可能

カードローンで申込者の在籍している会社への電話確認は必須で避けられるものではありません。しかしプロミスではその審査能力により在籍が確認できる別の方法で代替の相談が可能です

 

 

どうしても会社に電話されると困る・・・


という方は、

  • ネット申込した後にプロミスに電話して相談する
  • 申込み内容確認の電話の際にオペレーターに相談する

と案内してくれます。

三井住友銀行カードローンをはじめとする銀行カードローンの保証会社も務める審査能力

銀行は無担保個人融資の歴史は浅く保証会社に審査を依頼しています。その三井住友銀行カードローンをはじめとする銀行カードローンの保証会社を務めるのがプロミスです。長い個人融資の中でデータを蓄積して抜群の審査能力を発揮します。

主なプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証業務先
  • 三井住友銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング
  • MR.カードローン(住信SBIネット銀行)
  • 横浜銀行カードローン

プロミスATMは手数料無料で全国に多数ある

若い方なんかはATMで返済・借入する方が多いようです。そのて手数料もプロミスのATMなら手数料無料。また三井住友銀行ACM(手数料は掛かります)も利用できるので全国にも見かけないところはないですよね。

プロミスの自動契約機設置台数
  • プロミスの自動契約機・・・全国約1,100台
  • 三井住友銀行ACM・・・全国約1,300台

パート・アルバイトでも定期的収入があれば審査可能

パート・アルバイトでも定期的収入があれば審査可能というのはどのカードローンでも言っています。しかし収入の少ないパート・アルバイトでもプロミスの審査能力で審査してくれるからはじめて価値が出てくるのです。

おまとめローンとしても利用できる

銀行以外のカードローンは総量規制により年収の1/3以上貸す事はできません。

しかし”顧客に一方的に利益がある借り換え”であればおまとめローンとして利用が可能なのです。

8つのメリットで他を寄せ付けないプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

プロミスの※web完結なら誰にもバレずに申込める!

プロミスのWeb完結というサービスは、プロミスのカードローンの申込過程でWeb上で借入までを完結できるサービスになっています。Web完結の名前の通り

 

 

申し込みから審査、契約完了まで全てweb上で行うことが可能


で、借り入れなどの融資に関してもweb上で行うことになります。これはプロミスのWeb完結がカードを発行しないことも選択できる新しいタイプのもし込み方法のため、カードの紛失の心配も一切ない安心して利用できるサービスとなります。

 

もちろんカードを発行することも選べて、借り入れに関してはwebから申し込みを行うと指定した口座に振込みをしてもらえますし、

 

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかを口座として登録すれば瞬フリと呼ばれる申し込みから最短10秒で振込みをしてもらえるサービスも利用できます。返済に関しては口座振替で申し込みを行えば返済のし忘れもなくなりますし、

 

 

契約後に郵送される書類も送付されない事も選べるため誰にもバレずにカードローンの利用が行えます


そのため最大のメリットは利用していることが家族などにも一切分からないと言う点と、webが利用できる環境にあれば365日24時間いつでも借り入れが可能になるという点がメリットだと言えます。

Web完結する為のステップ

申し込みの手順に関しては、プロミスのweb申し込みページにアクセスし、申し込みに必要な内容を記入します。この際に必要になるものは

 

 

身分証明書だけ


となり、50万円までの申し込み、または他社借入と合わせて100万円を超えない場合であれば収入証明書の提出は必要ありません。

 

記入した後にカード発行の有無を選択できるようになるのですが、この段階でカード発行無しを選択すればそのまま審査が継続されます。

 

審査の段階で必ず必要となる在籍確認に関しては、プロミスの場合電話確認以外の方法も相談できるのでこの場合は、

 

 

  • 申込後にプロミスに電話する
  • 申し込み内容確認の電話の際に相談する

などの行為が必要になります。そのためWeb完結を利用して申し込みを行い、

 

 

在籍確認の電話以外の方法を相談できれば会社にも知られることなく申し込みが出来るわけです。


審査に問題が無ければ最短30分で審査は完了し、登録した口座にすぐ融資を行ってもらえるようになります。身分証明書などの提出は画像をメールなどで送付すればよいため郵送する必要もありません。
※対象金融機関は200行以上あります。

編集者は審査に不利な個人事業主でしたがしっかり審査してもらえました

最近のカードローンの申込は全てオンラインで完結してしまいます。プロミスもオンラインで申込が完結します。

 

 

私の場合は申込から30分後くらいに電話が掛かってきて二、三聞かれました。(審査に不利な自営業者であった為と思われる
しかし、家のローン・車のローン以外は何も借入してませんし、事業の方も順調ですのですんなり審査に通りました。家で事業をしているので形式的な在籍確認をした後にメールでオンライン契約。私の場合は2時間も掛かりませんでした。


プロミスは急ぎの場合はオンライン契約が完了していれば

 

 

カードの受取を自動契約機にして即日融資を受けることが出来ます。


また、平日14:00までにオンライン契約が完了していれば即日振込も可能。更に初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もあるので30日以内に返済する方は金利ゼロ、60日で返済する方は金利半分、90日で返済する方は金利1/3ということになるんですよね。最初に持つカードローンとしてプロミスを選んだのは正解でした^^

プロミスのWEB契約で即日融資

消費者金融の融資の審査基準も総量規制以降随分と変わったと思います。それは、

 

 

総量規制前の融資限度額は返済能力重視


でしたが、現在では年収の1/3以上の借入があった場合はほぼ審査基準に達しないと思います。という事はおそらく、申込前に自分で判断できるという事でしょうか?

 

私は総量規制前は当初、プロミスで100万円の融資限度額がありました。その内、借入は50万円ほどだったのですが、まめに返済をして借りいれ残高が増えていなかったので、プロミスから限度額を増やせるという話がありました。

 

増やしても借入の元金を増やさなくても金利だけ落とせるので取り敢えずは融資限度額を増やしました。それからが、大変でした。すべて自分の責任ですが、

 

 

融資限度額を増やせば金利が減る事にお得感を感じ増やしたのにその事をすっかり忘れギャンブルやその他の遊びの資金に借入を増やし、融資限度額いっぱいまでに達してしまったのです。


総量規制のない時だったので他のカードローンを何件か所持するようになりました。その後、総量規制前までは限度額内であれば出し入れ自由だったのが総量規制後、

 

 

プロミスのATMで引き出せませんと表示され返済するのみのカードとなったのです。


おかげでそれ以降、無駄使いする事無く順調に返済を重ねたのですが、途中その債務を1件にしたいと思いおまとめローンなるものに問合せましたが、

 

 

年収の1/3以上残高があった為問合せ時点でアウトでした。


そこから、こつこつ返済しているのですが、もし、プロミスのATMで警告がなければ、未だ残高は減っていないでしょう。ですから、金利に関係なく契約する際はやはり確実に

 

 

返済可能かを自分で判断してから申込む


事が後々有効に利用できるという事でしょう。なぜなら、融資限度額いっぱいでも返済できる計画をまえもってたてていれば、それ以上他のカードローンを所持する事はないでしょうし、新たな法律のもとでも再び融資をうけれる可能性があるからです。

 

私自身がいえる事はプロミスの場合、使途資金があまり大きくない金額であれば、WEBで申込んで初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)を利用する事をおすすめします。

本日は雇用統計の日ですがfx 初心者にはリスクが高いので結果だけを見てレートの変動を次回のトレードに生かせるよう焼き付けておいてください。

 

FXでポジションを持つと世界経済情勢が他人事ではなくなります。なぜかと言うと

 

 

自身の持っているポジションに影響してしまう


からです。ですからFXでレバレッジを高くして長くポジションを持ってしまうと日々平穏に暮らすことが出来ません。

 

 

なぜ投資をするのか?


なぜFXをするのかもう一度自身に問いかけてみてください。それは子供があなたに話しかけているのにFXのレート画面を見ながら上の空で空返事を返すためにやっているのですか?

 

嫁さんが子供の進路や行動であなたに相談している中一生懸命FX 比較サイトを見ながらこれからの戦略を練るためなのか?

 

更にトレードに失敗し、証拠金を得るためにアコムマスターカードで借金をするためなのですか?もっと深みにはまると借入件数が増えてしまいトレードも負けが込んでしまっておまとめローンなどでは適用されないでしょうが大きい投資額でトレードされたい方はなおさら避けてください。

更新履歴